メンズファッション

エアリズムは暑いし汗臭くなるし意味ないの?実際に買って着てみた

週末セールが開催されていたので、ユニクロにって、安くなっていたエアリズム買ってきました。

巷では、エアリズムは暑い、汗臭くなる、という話題がちらほら見かけられるんですけど、実際どんな感じなのか、買ってみて、着てみた感想をご紹介していきます。

先に結論から申しますと、普段着る分には、着心地最高で超快適だ!ということです。普段着る分には。。。

エアリズムは暑いのか

夏の快適インナーとして販売されいてるユニクロのエアリズム。1番気になるのが、エアリズムは本当に着ることで涼しく感じるのかというポイント。

エアリズムは、化学繊維の接触冷感素材でできているので、来た瞬間なぜだかヒンヤリと感じることができます。ニトリとかでも、接触冷感素材でできたヒンヤリカーペットとか、売っていますよね。あんな感じです。

着た瞬間はってことは、着ている最中は涼しく無いのか?

そもそも、体が涼しさを感じる仕組みをご存知でしょうか。汗が蒸発する時に周りの熱を奪うという、放射冷却現象という物理現象のおかげで涼しさを感じることができるのです。なので、汗を素早く乾かすことができるエアリズムは、着ている最中も、涼しさを維持してくれます。

熱がこもって暑く感じる

エアリズムはインナーなので、うえにtシャツやブラウスなどの着るのが一般的です。そうして重ね着することにより、熱がこもりやすくなってしまい、暑く感じやすくなるということがあります。

そういうときは、通気性を重視したコーディネートを意識してみると良いです。

袖がゆったりしているデザインだったり、リネンなどの空気をよくとおす素材でできた服を着ると、熱がこもってしまうことによる暑さを軽減してくれます。

エアリズムは汗臭くなってしまうのか

汗は、かいた瞬間は、ほぼ無臭です。

汗が肌や服に付着し、そのまま雑菌が繁殖してしまうことで、汗がにおうようになるのです。

なので、エアリズムは肌からすぐに汗を吸出し乾燥させ、抗菌消臭作用のある素材でできているので、肌とエアリズムからにおう汗のにおいは、劇的に軽減されます。

しかし、エアリズムの上に着ている衣服は、汗を吸収してしまうと、抗菌防臭素材で無い場合、汗臭くなってしまいます。

そのため、エアリズムを着ていても汗臭くなると思われてしまう原因になっています。

要するにエアリズムのせいじゃないということ。

これを解消するには、エアリズムを着ていたとしても、汗用の消臭スプレーを肌に吹きかけておくのが良いと思います。

普通のエアリズムとメッシュとシームレスの違い

エアリズムには3つのタイプがあります。

普通のエアリズムと、繊維に通気性をもたせるためにメッシュタイプになったタイプ、そして裾と首周りの縫い目をなくしたシームレスタイプ。

生地は普通タイプとシームレスタイプはそんなに差が無いように思います。しかし、メッシュタイプは通気性が当社比2倍を謳っているように、とても空気のとおりが良く、他の2タイプよりも、涼しさを感じやすいです。

夏のインナーという目的で使用するなら、圧倒的にメッシュタイプがおすすめ。

ただ、メッシュタイプは、その名のとおり生地がメッシュ上になっており、デコボコ感があります。なのでほかの2タイプはサラッとした着心地なんですが、メッシュタイプはザラッとした着心地があり、このザラッと感が苦手な人に、少々不評です。

ザラッと感といっても、本当にすこーしだけなので、気にならないと言う人の方が、ずっと多いです。それでも気になる人は、実際にいちどユニクロ店舗に行って、さわり心地を確かめたほうが良いかもしれません。

圧倒的に透けない色はベージュなんだけど。。。

インナーウェアということで、上に白いシャツを着ることもあると思います。

白いシャツでも、透けないのは、圧倒的にベージュ。まるで、下に何も着ていないかのよう。

その次にグレー、ホワイト、ブラックの順で透けにくいです。

ベージュ>>>グレー>ホワイト>ブラック

こんな感じ。

でも私、グレーを買いました。透けにくいのはベージュだとわかっていても、絶対にベージュだけは買いたくなかったんです。だって、脱いだ時にベージュだと、おっさんくさいを通り越して、おじいさんかよ!とツッコミたくなるほどのジジくささが、めちゃくちゃ漂ってくるんです。

まんまジジシャツ!

この一言で片付いちゃいます。

外では、絶対脱がない!救急車で病院に担ぎこまれたとしても、絶対に脱がない!

そういう強い意志があるのであれば、ベージュをおすすめします。。。

それでも私は、グレーを買いますけどね。

2018年夏新発売のボクサーブリーフ

今年の新商品、エアリズムのボクサーブリーフも一緒に購入してみました。

こちらは、メッシュ素材ではなく、通常のノーマルタイプのエアリズムの生地が使われていました。

はっきり言いまして、すっごく良いです。

なにが良いかというと、ズボンとパンツとお尻が、汗でくっついてベッタベタになるストレスから開放されるところ。

特に、学生服とかスーツとか、夏服どいえど長ズボンで通気性が悪いものである場合って多いじゃないですか。

制服とかスーツはまだいいですよ。作業着とか、下半身の群れ具合が、最悪じゃないですか?あれが、スルット解決されたんです。画期的。

まるで、何もはいていないかのような、サラサラ感。

お尻まわりのベタつき感をストレスに感じているなら、ぜひお試しあれ。

普段使いにはコスパ最高

さすがユニクロのairism。コストパフォーマンスが良く、普段使いには最高のインナーウェアであるといえます。

ですが、カジュアルウェアブランドの限界といいますか、やっぱりその機能には、アウトドアメーカーやスポーツウェアメーカーには一歩劣るといわざるを得ません。

スポーツ&アウトドアブランドの快適インナー

例えば、仕事やスポーツなどで、長時間炎天下のもと活動をするというときは、スポーツウェアメーカーのアンダーアーマーのインナーウェアを着ていたほうが、快適にすごすことができるでしょう。

専門ブランドというだけあって、速乾性や伸縮性が高く、切り返し部分にメッシュ素材を使っていることもあり、通気性も抜群。uvカット機能もついています。

たっぷり汗をかいて、ユニクロのエアリズムでは汗がべた付く感じがある場合でも、快適にすごすことができるでしょう。

例えば、バイクのツーリングや登山など、ずっと暑い中活動するのではなく、暑くなったり寒くなったりといった、寒暖差の激しい環境下では、アウトドアメーカーのモンベルのインナーウェアが適しています。

暑い時間帯には、速乾性がいき涼しくサラサラ快適にすごくことができ、寒い時間帯には速乾性で汗冷えを防ぐことができ、1日中快適にすごすことができます。

あくまでユニクロのエアリズムは、普段使いのインナーウェアとして活用して、環境が厳しい中でのインナーウェアは、他の専門ブランドの高品質、高機能、高価格のインナーを利用したいところです。

長袖エアリズムについては、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
エアリズムの長袖が欲しい!夏にピッタリ涼しく快適長袖インナー3選ユニクロのエアリズム、汗を良く吸ってくれるし、すぐ乾くし、臭くならないし、涼しいし、とっても快適でいい商品! でも、なーんで長袖が...