League of Legends

ボットレーンでオリアナを運用する方法ルーンとビルドとアイテム構成

プッシュ力アリ
aoe damageアリ
dpsアリ
バーストアリ
ユーティリティーアリ

アリアリアリの何でもアリなオリアナ。

ただしガンクに弱めなのと、常にマナが枯渇気味、アイテムが揃うまで弱い、最近流行のアサシンに弱いといった欠点を持っている,
ハイリスクハイリターンなチャンピオンです。

そこで序盤の弱点を補いつつ、安全にファームをして、ローリスクで育てるようにと、最近注目されているのがボットレーンでの運用。

この記事では、最近地味に流行している、ボットオリアナについてご紹介しています。

ボットオリアナのルーン

積極的にレーニングができそうな場合

ルーンは2種類。

積極的にせめていけそうなときは、メインは魔道ルーンでサブに覇道を採用。

スキルとAAでダメージトレードをしつつ、回復していき、体力の交換を有利に進めていく。

消極的にレーニングをする場合

相手のハラスがきつく、ディフェンシブにレーンをこなす必要があるときは、メインに魔道でサブに不滅を採用。

相手のハラスダメージを抑えつつ、初期体力を増加させて、序盤の弱さをカバー。

エアリー召喚か秘儀の彗星か

魔道パスのキーストーンについて。

エアリーは彗星に比べてダメージが低いが、cdが短く、必ず当たり、AAでも発動する。

彗星はダメージが大きい反面、cdが短く、よけられる可能性があり、AAでは発動しない。

ボットでの運用は、AAでのハラスも積極的に行っていくため、エアリー召喚のほうが恩恵が大きいです。

また、オリアナのultで彗星の位置と敵の位置がずれて当たりにくいことと、Eのシールドスキルでもエアリーが召喚できることもあり、エアリー召喚を選択したほうが強いです。

アーティファクト:マナブロードバンド

序盤は、本当にマナが枯渇しやすく、レーン戦が安定しづらいので、少しでもマナ管理が楽になるよう選択。

優越:至高

オリアナは、スキル回しが重要になってくるので、すこしでも速く多くのスキルを使用できるように、至高を選択。

パワー:追火

レーン戦での、ハラス合戦で、体力の優位を作りやすくなります。序盤弱いので、すこしでもダメージを底上げしたいので選択。

サブパスは覇道か不滅

覇道

悪意:血の味わい

cdは20秒と長いものの、相手にダメージを与えると、自分の体力を回復できるルーン。ダメージトレードで優位に立つ助けになる。

狩人:強欲な賞金首

AoEスキルでは回復量が3分の1になるものの、オリアナが与えたスキルダメージで体力が回復するようになる。こちらもダメージトレードで優位に立てるようになる。

覇道のルーンはレーン戦だけでなく、ゲーム中盤以降もオリアナの生存能力に、大きな助けになってくれるので、ゲーム全体を通して有益なルーンです。

不滅

力:ボーンアーマー

cdは45秒と長いが、相手から与えられるダメージを減らしてくれる。

抵抗:羽化

ゲーム開始時hp50とかなりの量の体力を与えてくれる。ゲームが進んで、キルかアシストを4つ以上獲得できれば、体力が元に戻る代わりに魔力が上がるので、無駄にならない。

不滅のルーンは、序盤は防御的にはたらき、アイテムが揃うまで弱いオリアナの弱点を、強力に補ってくれる。レーン戦で苦戦しそうな時は、不滅を選ぶのがおススメです。

サモナースペル

サモナースペルはフラッシュと、ヒールかテレポートかバリア、あるいはクレンズを選択する。

フラッシュは言わずもがな。攻めにも守りにも使えるので、絶対必要。

もう1つはなににするのか。

相手のチーム構成によって、選択するものが変わってくる。

ヒールあるいはバリア

ヒールは体力回復のほかに、移動速度増加が魅力。周囲の味方1名にも使えるが、イグナイトに弱い。

バリアは体力増加効果がヒールより大きいが、味方には使えないし、移動速度増加効果も無い。イグナイトに影響されないし、cdもヒールより短い。

対面にイグナイトをつんでいるサポートが来そうな時はバリア。イグゾーストならヒール。どちらかわからないなら、バリアを選択しています。

テレポートはリコールの隙を埋めてくれる

ファーストリコールの時に生じるミニオンロスト。ゴールドはもちろん、経験値も得られないので、どれだけ速くレベルを上げて、アイテムをそろえるかが重要なオリアナにとって、このロストは影響が大きいです。

そのリコールの隙をカバーしてくれるのが、テレポート。

レーン戦を、比較的安全に乗り越えられそうな時は、このサモナースペルを選択すると、オリアナの強化スピードを上げてくれます。

対面が、序盤からドンドンせめてきて、キルをとられそうな構成の場合は、他の選択をした方が良いです。しかし、対面も序盤弱いチャンピオンを使用しているならば、テレポートを選択するのがおススメ。

クレンズはccが危険な場合

対面に強力なccを持ったチャンピオンが来ている場合は、クレンズを持つのがおススメ。

サポートが、ccを無効にしてくれるモルガナや、ccを受けても助け出してくれるタムケンチの場合は、他のサモナースペルを選んでも良いでしょう。

アイテムビルドはマナ不足を補いつつ魔力を