太る方法

楽して簡単に太る!1ヶ月で5Kg増量できた方法

簡単に太る方法を試す前の私のスペックを紹介します。

身長は165cm
体重は43kg
BMIは15.79

まさに骨と皮だけな体系をしていました。

最初にネタばらしすると、楽して簡単に太る!1ヶ月で5Kg増量できた方法は、適度な栄養摂取と運動を生活の中に取り入れることです。

太るには適度な栄養摂取が大切

昔から食が細く、運動もほとんどしなかった。

外で遊ぶよりも、家で本を読んだりゲームをしたりして遊ぶことが好きだったこともあって、ほんとうにガリガリ体系でした。

周りの人にも、細いとか痩せてると、よく言われましたし、もっと食べたほうが良いよとも言われました。

でもね、もっと食べたほうが良いというのは、わかってはいたんですよ。

お風呂上りとか、あきらかに痩せすぎの自分の体を見て、嫌だなーと思うんですが、いかんせん食が細く、食欲がぜんぜんわかないのです。

こんなんで、ほんとうに体重を増量させることができるのか。健康的な体を作ることができるのか不安でした。

朝昼夜の食事の量を増やせないときは間食で補えばいい

体重の増減は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスで成り立っています。

つまり、摂取カロリーを増やせれば、それだけ体重が増加するという、とてもシンプルな仕組みです。

なので、朝昼夜の食事で摂取するカロリーコントロールさえできてしまえば、簡単に太ることができるというわけ。

でもね、食べられないんですよねー。

周りの同年代の人の食事風景を観察してみたことがあるんですが、量が全然違うんですよ。

ごはんやさんに行くと、他の人はライスを大盛りにしてもらったり、お変わりまで頼むひともいます。

あれは、とても真似できないなーと思ったのです。

食べたくても、食べられない。

そんな状態でした。

そこで活用したのが、栄養価の高い間食。おやつの導入です。

おやつは食の細い子どものための習慣だった

子どもの頃、おやつの時間ってありませんでした?

3時のおやつとか、良く耳にしたりしません?

最近の幼児教育では、3時のおやつのほかに午前10時のおやつを導入しているところもあります。

これって、1度の食事で多く食べられない子どものために、栄養摂取の補助をするための習慣として、古くから伝わっているんです。

なので、この習慣を利用しようと思い立ったのです。

栄養価の高いおやつ

人間の体を作っている栄養素のうちで一番大切なのは、3大栄養素と呼ばれる、たんぱく質、脂質、糖質です。

これらをバランスよく補ってくれる間食をとることが、体重増加に役立ちます。

  • ナッツ類
  • ばなな
  • チョコレート
  • ヨーグルト
  • チーズ

これらの栄養価の高い食材をおやつに取り入れると体重増加に役立ちます。

パウンドケーキとプリンがおすすめ

私は、これらの材料を混ぜて、パウンドケーキを焼いて毎日食べていました。

パウンドケーキは、小麦粉、バター、卵、砂糖を同量混ぜて、型に流してオーブンで焼くだけというとってもシンプルなお菓子。

でも、たんぱく質、脂質、糖質を満遍なく補えるので、理にかなっています。

パウンドケーキの生地の中に、ナッツやフルーツを入れることで、味のマンネリ化を防げます。毎日楽しんで食べることができます。

プリンも栄養価が高いのでおすすめです。

卵3個と、牛乳200cc、砂糖大さじ2杯を混ぜて、オーブンで焼くか蒸し器で蒸すだけで簡単にできてしまいます。

おやつを活用して体重を増やそう

というわけで、間食で栄養価の高い食品で摂取カロリーを高めて体重を増やした方法をご紹介しました。

食事と食事の合間に、おりをみてカロリーを摂取していくことで、無理なく一日の食事量を増やすことができました。

1度にたくさん食べられなくて太れないというあなた。

少しずつ小分けにして沢山食べるように意識を変えてみると、きっとうまくいくようになるはずです。