日記

父にもっと男らしくなれと言われた件

父に、お前はもっと男らしくしなさい。と言われたのですが。。。

男らしくって何さ?
そもそも男らしくする必要あるの?
私は、男なの?

大きく3つ疑問に思った次第です。

男らしさとは何ぞや。

男らしさとは何ぞや。

googleで検索してみると、仕事ができるとか、筋肉質だとか、頼りがいがあるとか、リーダーシップがあって、無口で、有限実行でき、包容力のある人のことを言うっぽいようです。

ふむ。

全然私には似つかわしく無い言葉がずらっと並んでいます。

でも、これらの特徴って、別に男性に限らず、女性に備わっていてもよいような特徴なんじゃないかなって思ったんです。

筋肉質はちょっと特殊ですけれども、仕事ができる女性、頼りがいがある女性、包容力のある女性。他の男らしさとされている特長も、べつに特別男性だけじゃなく、女性に備わっていても違和感がないと思ってしまうんですよね。

個人的に、この人男らしいなーと思うのは、ぶっちゃけ毛深いとか、頭がはげているとか、男性ホルモン的な部分しか無いように思います。

社会全体が、男女平等にしようというながれになってきていますし、男性が育児休暇を取れるようになっていたり、ジェンダーフリーがどんどん進んでいる今の世の中。身体的な特徴のほかに、男女を分ける特徴というのが、ほとんどなくなってきているんじゃないかと感じています。

なので、男らしさとは、体の特徴くらいしか、無いんじゃないのかなーと思うわけです。

実際、胸毛のもっさりしている男性って、かっこいいなーと思ったりしますし。。。w

知り合いの女性にもサラッと聞いてみました。

男らしい人ってどんな人?

  • いさぎいい人
  •  

  • 勇気のある人
  •  

  • 責任感の強い人
  •   

  • 誠実な人
  • 根気強い人
  •  

  • 勇気のある人

人によって、結構ばらつきがあるみたいで、一概には言えない様子。

でも聞いていて思ったんですが、それ男性関係なくない?女性でもよくない?って思ってしまいました。

男らしさって必要?

そもそも男らしさって必要なのでしょうか?

男性に生まれたから、男らしくあるべきだという理論なのかなー。

でもね、女性に、もっと女らしくしなさいって言うと、セクハラに該当するじゃないですか。でも、じゃあ、なんで男性には男らしくありなさいって普通にまかり通るのかが不思議です。これって、やっぱりセクハラになるような気がします。

最近の学校教育では、男らしくあれとか女らしくあれって教育は、だいぶ前からなくなってきていますよね。

それこそ昔は、男子は体育、女子は家庭科だけやっていればいいみたいなカリキュラムでしたし、男子はズボンと黒のランドセルで、女子はスカートと赤いランドセルといった感じで、教育内容から服装まで、きっちり男女で区分けされていました。

でも、最近はそういうこと無いですよね。男子でも家庭科やりますし、ランドセルの色も個人で好きな色を選んだりできますから。ピンクのランドセルとか、紺色のランドセルとか、カラーバリエーションも豊富になっています。

なので、私個人の意見としては、男らしさ女らしさというよりは、その個人らしさの方がずっと重要なんじゃないかと思うわけです。

自分が男性であっても女性であっても、男らしくありたい人はあればいいですし、ありたくない人は男らしくしなくてもよいと思っています。

父としては、男性の私に、男らしくあって欲しいと思っているというのは、今回の件でわかったのですが、私個人としては、べつに男らしくありたいわけじゃないので、サラッと聞き流したわけです。父の希望道理に生きる道理はなにもありませんからね。

私は、男なのか

一昔前までは性別を決めるのは、身体的特徴のみによって決めていました。男と女。この2つです。

ですが、最近ではLGBTと呼ばれる性的マイノリティや、性同一性障害などの理解が広まっていて、さまざまなセクシャリティに分類されてくるようになりました。

現在では身体的な特徴による性のほかに、精神的な性と、趣向的な性の3次元的な分類方法により、さらに細分化されています。

テレビや雑誌などのメディアでも、はるな愛さんやマツコデラックスさん等が取り上げられたりして、けっこう社会的な認知度も上がってきているように思います。

私はというと、肉体的な性別は男性です。

ですが、精神的な性別は無性。男性と女性、そのどちらでも無いように認識しています。よく身分を証明する必要がある書類に、性別を明記する欄ってあるじゃないですか。

【男・女】みたいな。

これで言うところの、ちょうど真ん中の「・」のような存在なんじゃないかなーと思っています。

趣向的な話はというと、肉体的には男性と女性どちらも同じように魅力的に思えますし、精神的にもそうです。といいますか、人間が好きなんだと思います。性別関係なく。

というわけで、男らしくしろといわれても、私自身は自分のことを男性だと思っていないので、どだい無理な話というわけなのです。

いや、男じゃないのに男らしくって、無理ゲーじゃん?

こんな感じ。

結局のところ自分らしくあればいいじゃないかという結論に

というわけで、父に男らしくあれと言われたわけですが、男らしくなんて私には無理なので、他の兄弟たちに期待してね。という結論に至たりました。

せめて、筋肉だけはちょっとつけてみようかな。筋肉質な男性は結構好きなので。。。w