メンズファッション

最速でおしゃれに見せる方法読んだネクタイを緩めるとかっこいい理由


Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

最速でおしゃれに見せる方法という本を読んだんですが、この本を読んで1番驚いたのが、スーツのネクタイを緩める仕草がかっこよく見える理由でした。

女性たちが、ネクタイ緩める姿がかっこいいよねー、って言っているのを聞いたことありません?

私も、けっこう好きなんですけど、じゃあ、なんでその仕草がイイ感じに目に映るのか。不思議だったんですよねー。。。

この記事は、最速でおしゃれに見せる方法の要約と、感想をご紹介しています。あとネクタイの理由も。

最速でおしゃれに見せる方法の要約

本の内容を簡単にご紹介していきます。

おしゃれに見せる大原則と3つのポイント

最速でおしゃれに見せる方法で紹介されいてるのは、おしゃれに見えるロジックを、わかりやすく簡単に説明してくれています。

このポイント押さえておけば、手持ちの洋服の組み合わせ次第で、十分におしゃれに見せるコーディネイトができるようになります。

すぐに真似できるコーディネイト50例

理論の説明の後に、作者がモデルになって、じっさいにコーディネート例を50こ、写真と解説付きで詳しく説明してくれています。

フルカラーなので見やすく、どういった雰囲気に仕上がるのかが、パッと見てわかるので、自分のファッションにも取り入れやすいです。

服の捨て方のコツ

これだけはやめとけ、という服が捨てたほうが良い服として紹介されています。

クローゼットスペースは有限。新しい服を買うには、古い着なくなった服を捨てなければならない。という理論で、服の捨て方を至難。

なぜネクタイを緩めるとかっこいいのか

おしゃれに見える服装というのには、ある法則がある。それはドレスとカジュアルのバランス。

ドレスとはスーツや礼服のこと。冠婚葬祭に出向く時の姿だったり、取引先の重役と会う時に着ていく服だったり、ビシッとキメキメな格好のこと。たとえば、ジャケットやスラックス、ドレスシャツに革のベルト、革靴に皮製の鞄等がドレスにあたります。

カジュアルとはリラックスウェアのこと。部屋でダラダラしたり、近所のコンビニへちょっと出かけるときの姿だったり、フラッとユルユルな格好のこと。たとえば、パーカーやデニム、tシャツにスニーカー、ボディバック等がカジュアルに分類されます。

このバランスがドレス7:カジュアル3になったとき、1番おしゃれに見えるんです。

さて、じゃあ、なぜネクタイの話になるのかというと。

全身ビシッとスーツ姿のときは、ドレス10カジュアル0の状態なんです。でもそれが、ネクタイを緩めることによって、カジュアル要素が加算されて、ドレス7カジュアル3に近づく。

だから、かっこよく見えるという理屈。

これよんで、なるほどって思ったんです。おしゃれになる方法とか、ぜんぜんどうでも良くなっちゃうくらい、感動しました。

あぁー、そうだったんだー、って。。。

そういえば、袖捲りしているスーツ姿もかっこよく見えますよね。あれもカジュアル要素が、腕まくりで加算されていたからだったんですね。

ドレスとカジュアルという概念

この本を読んでからというもの、ドレスとカジュアルという概念が、私の中に生まれました。

洋服をコーディネートする時って、けっこう感覚で選んでいませんか?今日の気分は、これとこれーって感じで。

洋服は着たいものを着たらいいと思うのですが、好きな服とおしゃれな服は、全然別のものなんだなーって思いました。

自分が好きだからする格好と、誰かに見てもらうためにする格好、それぞれ別に考えて洋服を選ぶようになりましたね。

人と会う時とか、特に、相手に良い印象を持ってもらいたいじゃないですか。特に初めて会う人の場合とか。第一印象は、やっぱりどうしても見た目で決まってしまいますからね。

ファッションモデルに外国人が起用される理由

ドレスとカジュアルのバランスのお話のくだりで、日本人はヨーロッパ系の人種と比べて、種族的にカジュアル要素を多く含んでいるという話も興味深かったです。

ヨーロッパ系の男性は、肉体的にも顔面的にも、すでにドレス要素の塊のような見た目をしているから、ドレス5カジュアル5のバランスで、十分におしゃれに見えるんです。

でも日本人は、肉体的にも顔面的にも、カジュアル要素が多めに含まれているから、どうしても服装でドレス要素を多めにいれないと、おしゃれに見えない。

そういえば、洋服の広告とかcmで外国人モデルが起用されているじゃないですか。あれって実は、理にかなっているんだなって思いました。

だってカジュアル服の宣伝の場合、どうしてもドレス要素を入れづらいじゃないですか。不足したドレス要素を、人種でカバーしていたんだなって。

外国人モデルが良い感じに着こなしている服を、そっくりそのまま日本人の自分が着ても、なんかダサくなってしまった経験。きっとあなたもあると思うんですが、こういう理由からだったんだなーと。

胴長短足と童顔の呪縛

結局こういうことですよね。

日本人体系といいますか、胴長短足で童顔なのが全ての根源。

この場合かっこよく服を着こなすために、洋服選びは外国人モデルの写真を鵜呑みにせず、しっかりと理論付けてコーディネートしていくしかないんだろうなーと思いました。

逆に言えば、理論さえしっかり見につけてしまえば誰でも簡単に、それこそ最速でおしゃれになれるんだなと思った次第です。

最速でおしゃれに見せる方法。

おしゃれなファッションについて、学ぶには最適な本です。

漫画版もありますよ。

あわせて読みたい
ファッションはセンスじゃない!おしゃれな服装は理論的に作れるオシャレな服装をしたいけど、自分にはセンスが無くて全然駄目。 カッコイイ服ってのが理解できないし、どの服を着たらいいのかわからない...