太る方法

鎖骨が痩せすぎてデコルテがガリガリ!健康的にふっくらさせる方法

鎖骨が痩せすぎで、ガリガリ!

痩せていて羨ましいとか、デブより良いとか、周りは簡単に言ってくれるけど、本人は意外とコンプレックスに感じているんです。

デコルテが痩せすぎていたら、疲れて見えたり、ふけて見えたり、とにかく不健康そうなんですよね。見た目はもちろんですが、もちろん本当に健康に良くないんですよ。

疲れやすくなりますし、血行が悪くなって冷え性になりやすくなったり、肩こり腰痛とか。

この記事では、痩せすぎて、ガリガリになってしまった鎖骨を、健康的にふっくらさせる方法をご紹介しています。

管理栄養士の太るためのサプリはこちら。

鎖骨やせのデメリット

鎖骨がやせすぎていてガリガリ、デコルテラインが貧相に。。。そんな鎖骨ヤセですが、こんなにたくさんデメリットがあるんです。

  • 不健康そうに見える
  • ふけて見える
  • 胸元の空いた服が着れない
  • 異性受けが良くない

全体的には、そんなにやせすぎていなくても、鎖骨や首元は、服で隠せない場合も多く、よく周りの人の目につきます。他は隠れているのに、やせている鎖骨だけ見えてしまうことで、あたかも全身まるごと痩せているかのように見えるんです。

その結果、このひとこんなに痩せていて、大丈夫なんだろうかと、心配されたりするのです。

個人的に1番気になるのが、異性受けが良く無いということろ。

これは、男女共通して、あまりにも痩せていると、異性として魅力を感じにくいので、相手に魅力的に移らないんですよね。

ガリガリは怖くてちょっととか、デブは嫌だけどガリは無理とか、けっこう酷いいわれようだったりします。

鎖骨をふっくらさせる方法

デコルテラインを綺麗にふっくらさせるには、なんといっても食べて必要な栄養を吸収して、体につけることが大事。

基本的に、体をふっくら太らせるには、

摂取カロリー>消費カロリー

にしないと駄目なので、いままでの食生活を見直す必要があります。

手軽に取れるプロテインがおススメ

例えば、高タンパク低カロリーな食品の代表として、鳥のささ身や納豆、牛乳やヨーグルトを毎日の食生活に取り入れて、体作りを行うと良いでしょう。

でも、今以上にたくさん量は食べられないから、食生活の改善は難しいかもしれない。。。

食事の準備や手間がかかるから、もっと手軽に食習慣を改善したい。。。

そういうときにおススメしたいのが、太るための専用プロテインサプリメントです。

管理栄養士が監修した、太る専門のサプリで、理想のふっくらボディーになりたいひとに、人気のプロテインなんです。

鎖骨以外はそんなに太っていないから他が太らないか心配

鎖骨が痩せすぎて困っている。

けれど、他の部分はそれほど太っていないから、鎖骨周りをふっくらさせようとしたら、例えばお腹も一緒に太ってしまうのではないかが気になる。

こんな心配ありません?

そうなんですよね、食生活だけを改善するだけでは、ある部分だけをふっくらさせようとしたときに、不十分なんです。

体は、カロリーを摂取した時に、本人の希望通りに栄養を鎖骨にだけ届けてくれるわけではないのです。

体質だったり、遺伝的なものだったり、様々な要因から、重要だと脳が判断した順に、栄養がとどけられます。

なので、鎖骨をふっくらさせようと頑張って栄養を補給したのに、下腹やお尻までいっしょにふっくらしてしまったということも、ありえるんです。

引き締めたいところは筋肉トレーニングでシェイプアップする

気になるところは、筋肉の力を借りて引き締めるのが効果的です。

ダイエットには2通りあって、1つは食べる量を減らして摂取カロリーを少なくして、からだを痩せさせる方法。もうひとつは、トレーニングによって筋肉をつけて、筋肉の力を借りて体を引き締める方法です。

摂取カロリーを少なくして体を痩せる方法は、鎖骨をふっくらさせたいと思っているときには、実践できません。理由は、せっかくふっくらしてきた鎖骨まで一緒に痩せてしまって、またもとのガリガリ状態に戻ってしまうから。

なので、筋トレをして、お腹周りやお知り周りなど、太って緩んでしまうと困るポイントを、筋肉の力で引き締めようというわけなのです。

鎖骨が痩せすぎてデコルテがガリガリ!健康的にふっくらさせる方法

食生活をみなおしてふっくらボディに
ふっくらしては困る部位はトレーニングで引き締める

手軽にふっくらさせたいならプロテインサプリを利用すると良い