書評

超箇条書きレビューと要点まとめ。ブログがうまく書けるようになるのか試してみた


Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/hiloaf/hilolog.com/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1141

書きたいことは思いつくのに、いざ文章に書いてみようとすると、なかなか上手く書けないってことありませんか?

ツイッターや、ラインのような短い文章なら、すいすい書けるのに、ブログや書類のようなながめの文章を書くのが苦手ってことありません?

そんな悩みを抱えてたあなたにこそ知ってもらいたい。それが超箇条書きというテクニック。

これさえ知ってしまえば、びっくりするくらいスラスラ文章がかけるようになることウケアイです。だって私がそうなのですから。。。

超箇条書きとはどういったものなのか

単純な箇条書きと、超箇条書では3つのポイントで違います。

それがこれから紹介する、構造化、物語化、メッセージ化の3つ。

超・箇条書では、この3つの項目について、詳しく学ぶことができます。

読みやすいよう構造化する。

構造化とは、読む人が文章の全体像を、より理解しやすくするために行う作業。

種類別に分けたり、時系列に分けたり、事前に書く内容の数を最初に伝えることによって、読んでいる最中混乱が起きないようにします。

物語化で相手に関心を持ってもらう。

せっかく書いた文章も、相手に読んでもらえなければ意味がありません。

物語化とは読者に最後まで読んでもらえるよう、読者目線にたち、より文章を身近に感じてもらうテクニックを使って、途中で飽きて読むのを止めてしまうことを防ぐようにします。

メッセージ化で相手の心に響かせる。

読んでもらえる文章から、読みたくなる文章へ。

そのためには、読者の心に直接訴えかけて、共感や感動など、感情を動かせるような文章にするテクニックが大切です。

3つの超箇条書きを読んで変わったこと

実際に、私がこの超箇条書を読んでから、文章を書く過程でどのような変化があったのかを、3つのポイントに分けてまとめてみました。

結論から先に書いてしまいますと、文を書くのがめっちゃラクチンになったうえに、スイスイ書けるようになったおかげか、書くのも楽しくなって、さらにイッパイ書けるようになりました。

まさに良い環境が連鎖して、どんどん膨れ上がってくる、正のスパイラル現象が起きたのです。

文章の構成を作るのが楽に

超箇条書きのテクニックどおり文章を書くときは、まず最初に自分の言いたい事を箇条書きにしてまとめます。

そしてそれを構造化、物語化、メッセージ化させて整理整頓。文章全体の骨組みを完成させます。

料理をする時に、まず最初に材料を準備して下ごしらえをする。まさにそんなイメージ。

このブログの記事を書くときにも、まずはじめに言いたい事を箇条書きに書き出してから、書き始めました。そのときに用意した超箇条書きがこちら。

けっこうシンプルで、文字数も少ないでしょ?

これなら、移動中にスマホで間単にまとめられるので、隙間時間を利用してスイスイかけて、作業効率も上がります。

あとは、それぞれの項目について、詳しく説明したり、補足を追加したりしていくだけなので、かなり楽に文章を書いていけるんです。

つじつまが合わない文章からあう文章に

超箇条書きのテクニックを使う前は、思いついたことを、思いついた順に書いていました。

小学校のときに書いた読書感想文とか、高校入試で必要だった小論文とか、大学の卒業論文なんかも、かなりいい加減な自己流で文章を書いていました。

そうするとどうなるか?

文章の論点や視点があっちこっちにいって、読者の頭を混乱させる文章が出来上がってしまうんですよね。つじつまがあわない文章とでもいいましょうか。

Aの話題をしていたのに、Bの話題に移った。そうかと思って読んでいたら、いつのまにかAの話題に戻っていた。こんな文を書いた記憶、ありませんか?

私の場合はそもそも、自分で何を書いているかさえも、あんまりわかっていなかったような気がします。

でも最初に文章全体の構造をしっかりと設計してから、書き始められるので、最初から最後まで、一貫したつじつまのあう文章に、自然と仕上がっていくというわけなのです。

料理でたとえると、最初にレシピを用意しておいて、手順良く作業を進められるようにしておくようなイメージです。

書きやすいうえに読みやすい文章が書ける

超箇条書きで文章を書いていくと、作者が書きやすいだけでなく、読者にとってもストレスなく最後まで読めるというメリットがあります。

順序だてて、読者がひきこまれる文章を書くことができるようになるので、読んでいる最中に頭が混乱したりせず、何が書かれているか読みながら整理することができるので、最後までスラスラと読むことができるのです。

blogを書くのに応用できるのか

私がこの超・箇条書きという本を手に取ったのは、趣味のブログに活用できないかと思ったからです。

ブログを書くこと自体は、前から好きだったのですが、過去の自分のブログを振り返ってみて、本当にこの記事は、読者の方にとって読みやすいものになっているのかなと、疑問に思ったからでした。

ブログを書くからには、より多くの人に読んでもらいたいと思うし、あー読んでよかったなーと思ってもらいたいもの。

結論から言いますと、読んでよかったと思いました。だってめちゃくちゃ文章を書くのが楽に/楽しく/いっぱい書きたくなったんですから。

せっかくブログを書くのだし、文章が上手くなりたいじゃないですか。

読んでもらったあなたに、あー面白かったって思ってもらいたいじゃないですか。

そんな理想をかなえてくれる本。

ありました!